信州アウトドア研修 明日をひらく、その一歩。

信州アウトドア研修 明日をひらく、その一歩。 信州の自然を舞台に
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • youtube

新着情報

複数の企業様から参加者を募集する「異業種参加編」の「リーダーシップ養成研修」を6月に長野市と松本市で行います。「信州アウトドア研修」は個別の企業様にヒアリングをさせて頂き、研修プログラムを設計するオーダーメードが基本ですが、「異業種参加編」は事前にテーマや内容が決まっており、1名からでも参加できます。

初回は、主に20~30代が対象で「あなた流のリーダーシップを見つける」がテーマです。

詳細は下記のチラシをご覧ください。

 

(予定していた4月の「異業種参加編」は、新型コロナの感染状況等を踏まえ、中止致します)

 

案内チラシ「異業種参加編」 22年6月実施

信州アウトドア研修 概要 About

明日を切りひらく
チカラを身につける

将来を見据え、
人材育成に真剣な企業を後押しする
信州の自然を舞台にした「人材研修」

信濃毎日新聞社は、数多くの山岳や高原など豊かな自然環境に恵まれた長野県を基盤とする会社として、新規事業「信州アウトドア研修」をスタートします。
1873(明治6)年創刊からまもなく150周年を迎えます。少子高齢化をはじめ、時代の変化に直面し、新聞社として新たな姿を模索しています。本事業は、従来の事業領域を超えた新たなチャレンジです。
「信州の山や自然を生かして日常を離れた体験を提供し、あすの一歩を応援する」を「信州アウトドア研修」の事業ミッション(使命)に掲げます。
自然は癒される一方、時に厳しさを見せつけられます。そうした環境下で行う企業研修などを通じ、今を生きる人たちのチャレンジを支えたいと思っています。
私たちと一緒に信州の自然に飛び込みましょう。

2021年12月
信濃毎日新聞社 ビジネス開発室

READ MORE
  • 将来のための人材研修

    「厳しい、キツい」ではなく、「考える」 研修です。

  • 野外教育のメソッド

    「非日常性」「絶対性」「多様性」が研修の価値を高めます。

  • 研修の舞台は信州の自然

    普段と異なる自然の世界。五感を働かせ、非日常を楽しみ、学ぶ。

イメージムービー Movie

プログラム内容 Programs

オーダーメイドの
カリキュラム

READ MORE
  • 野外研修 Wilderness

    野外教育の手法を用い自然環境下で実施する研修です。参加者の体力や経験に応じた野外フィールドを選択します。

  • ASE研修 Action Socialization Experience

    多種多様な課題にグループで取り組む活動です。場所を選ばずに行えるのが特徴です。

サンプルプラン Sample plans

メンバー1人1人が
リーダーシップを発揮する

Day1

  • 09:00
    研修ガイダンス
    (目標設定やASE研修)
  • 12:00
    昼食
  • 15:00
    登山計画
  • 17:00
    解散

Day2

  • 早 朝
    登山開始
  • 12:00
    軽い昼食
  • 15:00
    ゴール
  • 16:00
    振り返り
  • 17:00
    解散
READ MORE

受講実績・声 Voices

「チームの真価が
問われる」

野外研修

【冬限定 雪洞泊】積雪は3m弱!自分の「家」を作り、雪の中で過ごすひと晩。

「雪洞泊プログラム」の様子をリポートします。
2022年2月中旬、信州アウトドア研修のスタッフ2人が受講しました。

自分の「家=雪洞」を作り、雪の中でひと晩を過ごします。初めは「寒い雪の中で寝ることができるのか?」と不安がありましたが、無事にひと晩を過ごすことができました。豪雪地域ならではの野外活動、おススメです。
READ MORE
  • 野外研修

    長野市の企業がシニア研修を実施

    READ MORE
  • 登山研修

    菅平で体験会を開催しました

    READ MORE
  • 登山研修

    美ケ原で体験会を開催しました

    READ MORE

よくある質問 FAQ

  • 天候不順の場合は?

    研修担当者様と弊社、講師で協議の上、実施の可否を決定し、延期またはキャンセルとする場合があります。安全に実施することができると判断した場合は雨天でも実施します。天候といった自らが操作できない条件下で、ミッション達成のために研修参加者が最善の策を考えるのは、野外研修の特長でもあります。

  • 安全確保への対応は

    講師は研修フィールドを事前にすべて歩き、浮石や転倒の可能性がある場所などを調査します。必要があれば複数回実施します。研修当日は、参加者数人のチーム毎に講師が付き、常に状況を把握します。万が一、山中でケガをした場合に備え、講師は野外での救急法について、民間団体が実施する数十時間の研修を受けて資格を取得しています。研修参加者は、主催者が手配する傷害保険に加入していただきます。

  • かなりの体力が必要?

    研修担当者様に研修の目的をヒアリングして研修場所などを決定します。研修参加者の年齢、性別、運動経験などもお聞きし、研修当日の課題を決めます。例えば登山経験がなく体力に不安がある方と、登山経験が豊富な方が同じチームでも、全員が対応できる研修内容を設計します。

READ MORE